ピアノレッスン 大人初心者と子供

雑歌屋の、のんびりピアノレッスン

 

 ピアノで使う手指の動きは、すなわち体の動き。

人それぞれの特徴とペースがあります。

「できるのかな」「やってみようかな」「あの曲を弾きたいな」

という生徒それぞれの希望に沿って、一緒に歩んでいくレッスンです。

 

 

通いやすいこともレッスンの継続には大切です。

便利だなと思ったらどうぞ、ご連絡ください。

 

 レッスンの流れ 

簡単な手・指の練習・バーナムメトードを中心にスタートします。

ソルフェージュ、譜読み、歌いながらの譜読み、リズムレッスン*

その時どきのレベルに見合った曲(1曲から数曲)、連弾あり。

お子さんと一緒に日本語の歌の練習もします。

 

*リズムレッスンには、フィンランドの学校で使われている教室用ドラムを使用します。フランスにある、唯一の楽器です。

 

グランドピアノ使用。

レッスン外でも練習できる環境があれば理想ですが、

仕事でなかなか思うように練習ができないという方に多くお会いしています。

ご心配なく、どうぞピアノに触りにいらしてください。 

  

楽譜の読み方・リズムの練習を含みます。初心者、お子様から。日本の教材をお持ちの場合には引き続き使うことも考慮いたします。フランスの教材を使うことも可能です。

(30分基本、必要・ご希望に応じて20分から)

 

 

ピアノ・ジャズ即興 (フランス人講師(仏語レッスン)

ピアノ中級以上、ピアノの経験者向け。

 

・30分、45分、60分レッスン (子供初心者は30分をお勧めします。大きな曲が弾けるようになってきたら時間を延ばします)料金は左からご覧ください。

 ・ふたり一組のレッスンも可能です。割引あり。場合によっては出張の可能性もありますので、ご相談ください。

 

 ピアノレッスン料金 

30分20ユーロ 
45分30ユーロ
60分40ユーロ

 

 

 

私のピアノレッスンへの姿勢

「できる範囲で、手が動く範囲で、楽しめることを探してみる」

 

私は、日本の教室でピアノと声楽を3年間、またパリ市の文化センターCentre d'Animationにて楽譜の苦手なフランス人の子供たちとおとなに教える機会を得ました。パリの子供たちはなかなか自由奔放です。指がなかなか動かなくても、弾きたい思いが強く伝わってきました。また、音楽以外に、日本の学生時代に、小学生、中学生の塾の講師も経験があります。さっきまで謎だらけだった算数や数学の解き方が、何かの拍子にわかって「わかった!」という声を聴くのが大好きでした。教える、というより、子供たち本人が理解することを手助けするのが好きです。

 

私自身がピアノ専攻ではないのは、歌の方が好きだったこともありますが、受験の何年も前のある日、ピアノはこれ以上伸びないな、と自分自身で実感したからでもあります。「これ以上速く走れない」「これ以上いくら練習してもフィギュアの4回転は無理」みたいなものと思っています。

でも、難しい曲をひくことや、何度をクリアしていくだけがピアノの楽しみではありませんし、音楽の目的でもありません。

「できる範囲で、手が動く範囲で、楽しめることを探してみる」

が大切と思うのは、関節リウマチで手をいため、二度とピアノは弾けないかもしれない、と思った時期を経て、弾き語りのレパートリーをどんどん増やしているからでもあります。

 

愛知県立芸術大学・大学院 声楽専攻。中学校及び高校の教職免許を取得。

 

ご質問・申し込みはこちらのメールまでどうぞ

akikovoice@gmail.com

33699292836 (日本語は文字化けしますのでabcでお願いします)